<< 明日はナビスコカップ第4節 アルビレックス新潟戦 | main | 音楽会議4 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

blogram投票ボタン

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

寺子屋ヒマナイヌ#3

ちょっと時間がたってしまいましたが、5月27日に”寺子屋ヒマナイヌ#3 発想新時代〜ソーシャルアグリゲーションとは?/講師 ヒマナイヌ猪蔵”に参加指してきました。

編集を仕事しているわけではない自分としては、とても新鮮な時間でした。

寺子屋ヒマナイヌ#3

前半は、編集とは何かについて講義があり、後半はワークショップと言うことで、隣の人にインタビューをして、その人の紹介をするというものでした。

編集とはかぶせ(引用)と下心
ソーシャルアグリゲーションは編集そのものであり、良い物があったら、分かり易いように紐解き伝えてあげることであると。
そう聞くと、凄くピュアな感じですが、紐解き伝える部分には実は下心(意志)が入っていると。

”ハインツのケチャップは出てこない、出しにくいと苦情が多いが、その対応として、ハインツのケチャップは新鮮トマトを使っているのでドロッとせずに出しにくいのです、と説明する。”

このように、苦情を引用して、新鮮さをアピールしている、これも編集なのだと。
要するに、編集は特別なものではなく、日常のあちこちに存在するもので、誰でもやっていることなのだと言うことですね。

後半のワークショップは、お隣の人紹介。
インタビューをして、100文字程度で紹介をすると言うものだったのですが、インタビューをして感じたことを、周りの人に伝える。
簡単そうで、難しいお題だと思ったのですが、伝え方一つで紹介された人の印象は大きく変わってしまいます。でも、そこには紹介者の意志が含まれている(はず)ので、まさに編集。
実際、凄く難しかったです(^^ゞ


編集の講義を受けたのに、もの凄くへたくそな文章です・・・ハハハ

blogram投票ボタン

at 11:19, おー, イベント参加

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

blogram投票ボタン

at 11:19, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://tailstream.jugem.jp/trackback/207