<< 音楽会議4 | main | ”ヒマナイヌ写真部原宿編”に参加してきました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

blogram投票ボタン

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ナビスコカップ第4節 vs アルビレックス新潟

2009年5月30日(土) 15:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2−0(前半1−0)アルビレックス新潟
得点者:28分西澤、56分エスクデロ
入場者数:27,446人

スケジュールの都合上、スタジアムには行けなかったので、テレ玉の中継録画での観戦でした。
この試合を一言で表すなら「若手の躍動!」と言ったところでしょうか。

代表や怪我、出場停止などで苦しい台所事情のなか、先発メンバーはDFは右から、西澤、暢久、坪井、アレ、ボランチは啓太と細貝、右のSHに峻希、左にセル、2トップはタカ、エジと言う布陣で、前日の練習の様子から予想はされていましたが、CBに暢久が起用されました。

急造ともいえるディフェンスラインがカウンターを得意とする新潟相手に、どこまで対応できるのか注目でしたが、ベテランの暢久とツボのコンビは試合中に話をしながら修正をして、結果は零封でさすがと言ったところですね。

試合の方は、メンバーが大きく代わってもいつもの様に、早いプレスとショートパスをつなぐサッカーで、ボールを支配するレッズが、何回か決定機を作っていく良い流れの中で、中盤でボールを奪った西澤が、細貝に預けて、そのままゴール前に走り込み細貝からワンツーで戻って来たボールを落ち着いて決めて先制!
ゴールもさることながら、ゴールまでの一連の流れが最高でしたね。
前半はその後も、何回かチャンスを作るも決定的なチャンスとはならず、新潟もカウンターで決定的な場面は多く作れずに、1-0のまま終了。

後半は、立ち上がりは少し新潟に押し込まれた感じではありましたが、すぐにレッズのペースに戻すことが出来、迎えた後半10分過ぎに、レッズの波状攻撃からセルがゴールを決めて2-0。(ちゃんと足で決めました^^)
2点目も細貝のアシスト!
ボランチが、この位置に上がってくる様になったのはチームの成長、細貝の成長を感じますね。
新潟は後半に入って、足が止まった感じでプレスもかけてこないし、鋭いカウンターもなりを潜めて、点を取られる気配はほとんどありませんでした。

ということで、かなり苦戦すると思われた試合でしたが、終わってみれば2-0での快勝!
右サイドに起用された、西澤と峻希はのびのびとサッカーをしている感じで、動きも良く、なんと言ってもゴール前で積極的だったのがとても良かったと思います。
後半に西澤が足を痛めた退いたのが残念でした。

でも、代わって入った(3ボランチの右だとおもう)濱田も無難にこなしていたと思います。
セルに代わって入った林も積極的にボールに絡んでいたし、これからがとても楽しみです。
体調を崩していた赤星も少しではありますが、試合に出てきましたし、なか3日で迎える駒場での磐田戦も凄く楽しみでなりません^^


JUGEMテーマ:浦和レッズ
blogram投票ボタン

at 21:32, おー, サッカーのこと

comments(2), trackbacks(1), pookmark

スポンサーサイト

blogram投票ボタン

at 21:32, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
ECHO, 2009/06/01 10:30 PM

こんばんはー。
こういう過程を実感できる試合を見せられるとヤバイですねー(笑)
若手とベテランが一つになって闘うチームに感激でした。

おー, 2009/06/02 5:22 AM

>ECHOさん
ホントホント。感激しました!
選手がそろったときにどんなチームになっているのかと、妄想が続きます(^^ゞ










trackback
url:http://tailstream.jugem.jp/trackback/209
流されてドコまで行くの, 2009/06/01 10:00 PM

@埼玉スタジアム2002 観客:27,446 レッズ 2-0 アルビィレックス 甘いかもしれないけどよかったよー 正直、こういう試合になるとは思ってなかった 試合の冒頭はバタバタしてたけど みんな頑張ってた 初スタメンもベテランも ミスがあっても いい連