<< J1第2節 浦和レッズvsFC東京  | main | 2010Jリーグ・ディビジョン1 第3節 モンテディオ山形vs浦和レッズ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

blogram投票ボタン

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

android-x86をVMWare Fusionにインストール

備忘録的に、Android-x86をインストールした作業履歴を記載。

準備するもの
・VMWare (自分の場合は、MacなのでVMWare Fusionです)
・Android-x86のイメージファイル - http://www.android-x86.org/download
・ubuntu等のCD起動が出来るLinuxのCDイメージ

インストール
・VMWareで新しい仮想マシンを作成
 - オペレーティングシステムはLinux
 - バージョンはその他のkernel2.6
 - HDDはIDEでないと認識しないので、SCSIのものを削除して、IDEで32GBのHDDを作成
・仮想マシンを起動してAndroidをインストール
 - 途中でHDDのパーティションを作成する必要があるので、20GBと12GBに分けて作成する
 - sda1(20GB)とsda2(12GB)が出来上がるので、sda1の領域にインストール
 - ディスクフォーマットは、ext3
 - GRUBを利用の選択は、利用するようにする
・インストールが完了したら、一度シャットダウンを行う
 - インストール完了時に、Run Androidを選択してそのまま起動する
 - Dev toolのterminal emulatorを開いて以下のように入力
  $ su
  # reboot -p

SDカードがないとアプリのインストールが出来ないので、以下の作業を行う
・LiveCDで起動できるように、VMの構成ファイルを編集する
・テキストエディタを使用して、仮想マシンの構成ファイル (.vmx) に次の行を追加
 - 仮想マシンのファイルを、コントロールを押しながらクリック
 - パッケージの内容を表示
  bios.forceSetupOnce = "TRUE"
・仮想マシンのCD/DVDをubuntu等のディスクイメージに設定し、仮想マシンを起動する
・BIOSのセットアップが開くので、CDボートするように設定し起動する
・ubuntuが起動したら、/dev/sda2をext3でフォーマットする
  $ sudo /sbin/mkfs.ext3 /dev/sda2
・/dev/sda1をマウントし、GRUBの設定ファイルのkernelの行の最後に、以下を追加して再起動
  SDCARD=/dev/sda2
・以上で、SDカードの領域も出来上がり、アプリのインストールも行えるようになりました。

あとで、もう少し詳しく書き直す予定です。
blogram投票ボタン

at 08:20, おー, ITとかコンピュータとか

comments(0), trackbacks(1), pookmark

スポンサーサイト

blogram投票ボタン

at 08:20, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://tailstream.jugem.jp/trackback/307
添え状 書き方、例文、履歴書, 2010/03/20 9:16 PM

添え状 書き方、例文、履歴書についての情報です。